数寄屋造りを中心とした、木造にこだわる熊本市の建築会社です

株式会社新陽建設,電話番号は096-367-0810

「新陽建設」は、数寄屋造りを中心とした、木造にこだわる建築会社です

 数寄屋造りとは、茶室建築の要素を取り入れた建築様式で、格式ばらず、簡素で自由なスタイルです。自然を活かした素材の取り合わせ、四季を感じられる工夫、繊細な意匠などが特徴です。

 「新陽建設」では、昭和26年の創業以来、「立田山泰勝寺」の改修や「白川公園茶室」の移築などを通して、日本古来の建築技術の研究・向上に努めてきました。木と土と紙だけで作られる建物は、手入れを怠らなければ100年以上もちます。特に、数寄屋造りは、大工や左官の技術の粋です。日本ならではの、綿々と継がれてきた匠の技により作られる空間をご提供いたします。

数寄屋造り

泰勝寺 仰松軒(熊本市/立田自然公園)改修工事
全体に傷みが激しかったため、木部は腐朽破損個所の取り替え繕いを、壁には聚楽の繕いを、屋根は茅・杮・杉皮の葺き替えをしました。


K邸


F邸


M邸

茶室

白川公園 茶室(熊本市)移築工事
福岡にあった茶室を移築しました。千利休が営んだ「不審庵」(京都)を模した造りで、みじんすさを使った壁、銅葺き屋根のはまぐりなど、随所に職人技が光ります。

一般住宅

「ガレリアのある舎」第7回くまもとアートポリス推進賞選賞


A邸


H邸


I邸


K邸


M邸


S邸

耐震改修

昭和56年以前の木造建築の耐震補強を施工します。建物の傾きを直しながら足元の強化を行なうなど、古い木造建築の耐震工事には、高い技術と知識が必要です。

ページ上部へ